ジョーカー (2019) : Joker

DCコミックス「バットマン」シリーズの悪役として知られるジョーカーの誕生秘話。コメディアンを夢見る青年が、狂気に満ちた悪のカリスマへと変貌していく様を、原作にはないオリジナルストーリーで描きだす。主演は『ザ・マスター』のホアキン・フェニックス、監督・脚本は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。第76回ベネチア国際映画祭で最高賞となる金獅子賞を受賞した。

ジョーカー (2019) : Jokerのあらすじ

アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)はコメディアンを夢見る心優しい男。母親から「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」と教わった彼は、大都会で大道芸人として暮らしながら、いつの日か世界中に笑顔を届けようと心に誓う。しかし、周囲から冷たい反応や暴力を受け、しだいに精神を病んでいった彼は、自ら施したピエロメイクの悪“ジョーカー”へ変貌を遂げる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストーン (2010) : Stone

  2. ボーダー (2008) : Righteous Kill

  3. ラストベガス (2013) : Last Vegas

  4. レッド・ライト (2012) : Red Lights

  5. マイ・インターン (2015) : The Intern

  6. マチェーテ (2010) : Machete

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。