トラブル・イン・ハリウッド (2008) : What Just Happened

映画業界の内幕をシニカルなユーモア満載に描き出すロバート・デ・ニーロ主演の群像ドラマ。ショーン・ペンやブルース・ウィリスら人気俳優が本人役で登場し、1人の映画プロデューサーの身に降りかかる災難の数々がつづられる。監督はアカデミー賞に輝いた「レインマン」など人間ドラマに定評のある名匠バリー・レビンソン。出演:ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー、ブルース・ウィリス、クリステン・スチュワート

トラブル・イン・ハリウッド (2008)のあらすじ

ハリウッドで敏腕プロデューサーとして活躍するベンは頭を抱えていた。というのも、カンヌ映画祭に出品する予定のショーン・ペン主演の新作映画が不評を買い、その対処を迫られるも、監督は編集のやり直しをしようとしないのだ。一方でブルース・ウィリスが役のイメージとは合わないヒゲ面で撮影現場に現れ、彼を説得するはめに。

  • コメント: 0

関連記事

  1. スリーパーズ (1996) : Sleepers

  2. ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ (1997) : Wag the Dog

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。