ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ (1997) : Wag the Dog

大統領のスキャンダルを隠すための奇想天外な情報操作が巻き起こす騒動を描いた諷刺コメディ。監督は、バリー・レヴィンソン。出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・ニーロ、キルステン・ダンスト、アン・ヘッシュ

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ (1997)のあらすじ

大統領選挙直前のある日、現職大統領のセックススキャンダルが発覚。選挙までマスコミの目をスキャンダルからそらすため、大統領の側近のひとりウィンフレッド(アン・ヘッシュ)は「もみ消し屋」のコンラッド(ロバート・デ・ニーロ)と共に情報操作をすることに。コンラッドは、アルバニアとの関係が緊張状態にあるとの偽の情報をマスコミにリーク。狙いは的中し、マスコミはすわ戦争かと騒ぎだした。

コンラッドはハリウッドの大物プロデューサー、スタンリー(ダスティン・ホフマン)に今後の展開のプロデュースを依頼した。かつてない大仕事に奮い立つスタンリーはカナダとアメリカとの国境にスーツケース爆弾を持ったテロリストたちがいるというシナリオを立てる。最新のデジタル技術を駆使して作られた「焼け野原となった村を逃げ惑う少女」の映像は国民にショックを与え、世界の警察としていち早く「303特殊部隊」を派遣した大統領の支持率は急上昇する。

だがさすがにCIAの目は誤魔化せず、コンラッドとウィンフレッドは事情聴取を受け、CIAは「戦争は終結した」との声明を発表、事態は急速に沈静化。だがスタンリーは、自分たちがつくりあげた人物である「303特殊部隊」のウィリアム・シューマン軍曹(ウッディ・ハレルソン)が捕虜になったという情報を流し彼をヒーローに仕立てる。情報操作は大成功、ウィリアムを奪還せよとの掛け声の下大統領の支持率はとうとう80パーセントを突破した。

成功を確信して笑いが止まらない3人はこのイベントを完璧なものとするためにウィリアムの帰還を演出するが、現実の彼は特殊部隊ではなく特殊刑務所に入れられていた凶悪なサイコ殺人犯だった。しかしそんなささいな手違いに憶する三人ではない。護送のための飛行機はウィリアムが暴れたおかげで墜落、一行は無事だったもののウィリアムは近くの農場の主婦をレイプしようとして夫に射殺された。そんなわけでめでたくウィリアムは名誉の戦死者として国葬される。

素晴らしい仕事だったと満足するスタンリーだったが、自分が全てをプロデュースしたことを人前で言いたくてしょうがない。なだめても聞かない彼にコンラッドはとうとう……数日後、心臓病のために急死したスタンリーの葬式が行われているころ、テレビではアルバニアとの関係が再び悪化し軍が出動した、というニュースが流されていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. スリーパーズ (1996) : Sleepers

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。