ゴッドファーザー PART II (1974) : The Godfather: Part II

『ゴッドファーザー』の続編だが、物語の時系列はやや複雑で、前作の後日談であると共に前日談に相当する。第一作でコルレオーネ・ファミリーを継承したマイケル・コルレオーネのその後を語ると同時に、若かりし頃のヴィトー・コルレオーネが力を手にして浮上していく様を丁寧に描き出す。

監督:フランシス・フォード・コッポラ、キャスト:アル・パチーノ、ロバート・デ・二―ロ、ロバート・デュバル、ダイアン・キートンほか

ゴッドファーザー PART II (1974) : The Godfather: Part II

コルレオーネ・ファミリーは本拠地をニューヨークからラスベガスに近いタホー湖畔へ移っていた。縄張りを狙っていたハイマン・ロスの手下ロサト兄弟から襲撃され難を逃れたマイケルは、偉大な時代を生きた父ヴィトーを想う。父ヴィトーは母を殺され、難民としてアメリカに来た後ファミリーを築いていく…。マイアミでファミリーのボスたちの会合を持った後、マイケルはキューバへ赴き利権獲得のため工作を図るが、兄フレドーの裏切りに気づく。やがて犯罪調査委員会の公聴会に呼ばれたマイケルは裏切り者のペンタンジェリに証言を覆させて追求をかわすが、妻のケイはマイケルから離れていく……。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。